AIブログ

放題な乗り方

2012年12月03日

「~~放題」。いつもより過剰な行動に出ませんか?

私がもっとも親しんでいる「放題」は「飲み放題」だろう。
「1500円 2時間飲み放題付」、みたいなタイトルに思わず心が傾く。
私はスタート時間に細かく、遅れて参加する者に厳しい。

このほか、「食べ放題」「詰め放題」……。
いや、そんな話をしたいのではなかった。
鉄道にも「放題」がある。
「乗り放題」切符のことで、「青春18きっぷ」や「秋の乗り放題パス」が代表的だ。

普通列車全線乗り放題といった設定が多いのだが、列車に揺られてゆったりとした旅、という気分になれない。
「飲み放題」の時に近い過剰な行動に出る。1日10回以上乗り換え、10数時間列車に乗ってしまう。これこそ「乗り放題」であろうと……。

そんなことをしていていると、同じ地域を走っていても新幹線とはまったく違った列車の世界が登場する。
普通列車に長時間乗っていると、ものすごい数の人と接することになる。
いやでも多くの人の表情を見ることになるし、話し声が耳に入ってくる。

意外なことにも気づく。
列車には中高生らしき少年少女が多い。少子高齢化が感じられない。
当たり前だった。
大人はクルマで移動するが、少年少女の移動手段は鉄道だ。鉄道に乗って成長している。私は、そんなことさえ気づかない大人だ。

AIが運営している「鉄道コム」には、鉄道に関する情報がたくさん詰まってます。
ニュース、イベント情報、運行情報、ブログ、投稿写真、クイズ……などなど。
その人なりの楽しみ方、利用の仕方が可能です。
最近、スマートフォンでも見られるようになりました。

page top