AIブログ

挑戦しなければ…2013年

2013年01月01日

2013年、朝日インタラクティブ(AI)は、未来に向けた「価値を創造する企業」として「積極果敢」に行動します。

CNET、ZDNet、CNN.co.jp、鉄道コム、どらくなど、日頃からAIが運営するメディアに親しんでいただいている読者の皆さま、クライアントの皆さまには、本年もこれまで以上のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いします。

                  ◇

初詣に行くと、(神社の場合は神前で)いつもまず「世界の人々が幸せになりますように」とお願いする。
私は自分でそれほど立派な人間とは思ってないが、はったりではない。
AIとか私的なことをお願いする前に、世界のことを考えないといけないような気になってしまう。

当たり前のことだが、私がお願いしても、世界はなかなか幸せにならない。
それでは、日本はどうか?
総選挙で政権与党がボロ負けするぐらいだから、全体としてハッピーと言えないのだろう。 不景気だから?
しかし、ディズニーランドは業績絶好調と聞く。年末年始に海外旅行する人もそれなりにいる。なのに、もやもやした「不景気感」が全体を覆っている。

デフレと言われている。
スーパーも量販店も安売り合戦。牛丼も値が下がる。
業界の方々は、血のにじむ努力をして価格を下げている。

顧客のためだろう。
しかし、無責任な顧客から見るとは、血のにじむ努力をして商品やサービスの価値を下げている印象だ。前の価格って何だったんだ、と考えてしまう。
こんなことを繰り返しても、ありがたさはチョッピリ。
世の中には、しみったれた雰囲気が漂い続ける。

どうせ汗を流すなら、価値を貶(おとし)めるのではなく、価値を創造する方向に進みたい。
ただし、これが大変なんです。
前例に習えない。戦略も工夫も必要。それに、踏み出すには胆力もいる。
しかし、挑戦しなければ……2013年、未来を元気にするために。

page top