AIブログ

鉄道コム15年

2013年11月25日

東京に住みはじめて一番驚いたのは、通勤電車を待つ人たちが列をつくっていたこと。
JR山手線。
列の後ろに並んでいたら、列車が来たにもかかわらず列が動かない。
「何でやねん!?」
その次の列車を待つ人の列だった。

私は関西の生まれ育ちであり、列車、特に通勤通学の電車については「来たら乗る」という極めてシンプルな乗車哲学を持っていた。
「来たら乗る」。
そして「なんとしても乗る」。
乗る人は行列をつくらない。
乗降ドアに殺到し、巻き込まれるように乗り込む。
もう、40年ぐらい前の話だが……。

多くの人が通学で列車を利用していたのではないか?
特に高校時代。
ならば、列車や駅、列車から見える風景に懐かしさをおぼえる人も多いだろう。
私の場合は、駅の食べ物。阪急十三駅の「阪急そば」。
ウチで朝食を食べたにもかかわらず、乗り換えの十三駅でさらに阪急そばを食べる。
結果は遅刻。
わかっちゃいるけど、また遅刻。

鉄道ファンのことを「鉄ちゃん」「鉄」と呼んだりする。
鉄ちゃん度合いを「鉄分」と言ったりするらしい。
鉄ちゃんとまでいかなくても、みなさんの多くが多少の「鉄分」を持っているの
ではないだろうか?

AIが運営する鉄道ファンのためのサイト「鉄道コム」が、このほど15周年を迎えました。
鉄道の情報を伝え続けた15年。
多くの方々に支えられた15年。
鉄道ニュース、イベント情報、鉄道ショッピング、駅つなゲー……。
鉄道コムを見ると、自分のかかえる幾分かの「鉄分」が活性化するのである。


page top