AIブログ

新CEOの課題

2014年03月07日

マイクロソフトの新CEOにSatya Nadella氏が決まった。
ZDNetでSteve Rangerの「マイクロソフトのナデラ新CEOが直面する10の課題」が掲載されている。

課題の1つに挙げられているのが【大胆で楽しい賭けをするという評判を得る】。
Google Glassやクルマの自動運転を例に、企業としてのグーグルは巨大な収益の小さな一部分を使って、馬鹿馬鹿しいほど大きな賭けをし、その結果「単なる巨大広告企業ではなく、イノベーションを育てるところ」という評判を得たとしている。
そして、マイクロソフトの新CEOにも【大胆で楽しい賭け】をすることを勧めている。

このGoogle Glass、魅力的ではあるが世間の目は結構厳しい。
着用した女性がバーで暴力を振るわれたり映画館にいた別の男性は取調べを受けたり……。
グーグルはGoogle Glassユーザー(Explorerプログラム参加者)のために「行動ガイド」まで公開した。

なにかと物議を醸しがちなGoogle Glassだが、未来の可能性を広げそうなウェアラブルであることは確か。
これが、Googleのブランドイメージを高めている。
Googleには、ほかにも「謎の洋上建築物」なんてのもある。

以前、新聞の新企画を考える機会があり、「よし、思い切り馬鹿馬鹿しくて楽しい企画をぶつけてみよう!」と【手抜き弁当選手権】(仮称)など馬鹿馬鹿しい企画50個ぐらいを提案したことがある。
すべて上の人たちに却下された。
やはり、馬鹿馬鹿しいだけでは、ダメなんですね。

page top