AIブログ

「アイデアの引き出し」

2018年05月29日

 5月25日の「Last Friday」に、電通の菅野薫エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/クリエーティブ・テクノロジストをお招きしてお話をうかがうことができました。

 2011年3月、東日本大震災によって、東北、北関東の道路網がズタズタに寸断されてしまったのに対し、HONDA車に搭載されたカーナビの走行データを使って、「今、車が通行できる道路」をリアルタイムに可視化したサイトを短時間で開設した取組みをはじめ、テクノロジーを駆使して、社会や企業の課題に対して、創造的なソリューションを提供していったさまざまな実績を紹介していただきました。刺激的な時間でした。

 日常的に、ひらめいたアイデアは、まず実際に試してみるそうです。そんな積み重ねが引き出しにいろいろ詰まっていて、プロジェクトで提案を求められた際に、「こんなアイデアはいかがですか」と、取り出して見せるということですが、実際に試しているだけに、説明は具体的で、プロトタイプ的なものをビジュアルに見せることも可能なのでしょう。

 小さな引き出しがいくつもいくつもある「薬箪笥(くすりだんす)」のイメージが浮かびました。「百味箪笥」とも呼ばれますが、菅野氏の引き出しの数はもっともっと多いのだろうと思います。

 2016年8月のリオ五輪閉会式での、次回開催都市トーキョーへの「五輪旗引継ぎ式(Flag Handover Ceremony)」の演出をめぐる裏話には、「そんなたいへんな苦労があったのか…」と、驚かされました。

 ご多忙な菅野氏に、お時間を割いていただき、貴重なお話をたっぷりうかがうことができました。ありがとうございました。菅野氏がクリエイティブチームに加わっている東京オリンピック・パラリンピックの開会式、閉会式の演出が今から楽しみです。 (相楽)

page top
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]