プレスリリース/お知らせ/ご案内

日刊工業新聞社Business Lineに、媒体ネットワーク型の情報サービス 「Re:SOURCE(リソース)」開設!

2011年2月1日
朝日インタラクティブ株式会社

日刊工業新聞社Business Lineに、媒体ネットワーク型の情報サービス
「Re:SOURCE(リソース)」(http://resource.nikkan.co.jp/)を開設!

 朝日インタラクティブ株式会社(代表取締役社長:大西弘美、本社:東京都千代田区)は2011年2月1日、株式会社日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水治博、本社:東京都中央区)のホームページである、Business Line(http://www.nikkan.co.jp/)に、企業が発信する情報を複数のウェブサイトで同時掲載ができる媒体ネットワーク型の情報サービス「Re:SOURCE(http://resource.nikkan.co.jp/)」を開設いたしました。

 日刊工業新聞は企業活動に特化した「産業専門紙」として幅広い業種で高い普及率を誇っています。「工作機械」、「電気機械器具」、「精密機械」などの組立加工産業はもとより、情報通信、素材・エネルギー、環境などの分野でも高い媒体評価を得ています。産業界のみならず、官公庁や研究機関などでも広く読まれており、記事はもとより広告による新製品紹介などに対する反響は大きく、強力な営業・販売ツールとしての役割を果たしています。

 ビジネスに直結するコンテンツが盛りだくさんの日刊工業新聞Business Lineに、「Re:SOURCE(http://resource.nikkan.co.jp/)」を開設することで、Re:SOURCEユーザーの満足度向上と、ユーザーのビジネスに直結するマーケティングサービスの充実を目指します。企業はRe:SOURCEの媒体ネットワークを通じて属性の異なる広範な読者層への訴求が可能となります。

 Re:SOURCEの媒体ネットワークは既に「アサヒ・コム(※1)」(http://resource.asahi.com/)および「AFPBB News(※2)」(http://resource.afpbb.com/)にご参加いただいております。日刊工業新聞Business Line(http://resource.nikkan.co.jp/)の参加を機に、今後段階的に専門紙やB2Bメディア、ビジネス媒体との提携を増やしていく方針です。企業が発信する情報はこのネットワークに参加するすべてのウェブサイトに同時に掲載されて、契約企業の専用ページにアーカイブされます。このネットワークに参加するすべてのウェブサイトに、契約企業の専用ページを開設して情報発信・アーカイブできるサービスがRe:SOURCEです。

 自社の情報を幅広い媒体でより多くの読者に届けたい、あるいは、情報に関心を持った読者の見込顧客情報(リード)を獲得したいという企業のニーズに応えて、複数のウェブサイトを横断する媒体ネットワーク型の情報サービス「Re:SOURCE」を提供することで、さまざまな産業の企業様にRe:SOURCEのサービスをご活用いただき、新しい市場の開拓を目指します。

(※1)株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:秋山 耿太郎、本社:東京都中央区)が運営するニュースサイト
(※2)株式会社クリエイティヴ・リンク(代表取締役社長:古角 将夫、本社:東京都港区)が運営する国際ニュースコミュニティサイト

【サービス概要】

●企業のPRツール: Re:SOURCEダイレクトサービス
複数媒体での情報発信を希望される企業様向けの有料サービスで、企業様ご自身で商品・サービス・イベント等の情報を投稿できる機能をご提供します。  

●企業のマーケティングツール: Re:SOURCEリードサービス
企業様が発信する情報に関心を持った読者を見込顧客情報(リード)としてご提供する有料サービスです。マーケティングツールとしての機能も備え、アンケートの簡易作成機能や詳細資料のダウンロード機能等もご提供します。媒体ネットワークを通じて複数サイトの読者にリーチできますので、さまざまな業種でご利用いただけます。  

●読者向け会員サービス: Re:SOURCEリメンバー会員
読者の皆様には仕事に役立つ情報源としてRe:SOURCEをご活用いただくだけでなく、より多くの新鮮な情報を蓄積することにもご参加いただけるよう、企業データの入力などでポイントが獲得できる会員サービスを用意します。貯まったポイントは、プレゼント抽選への応募等に利用できます。  

【Re:SOURCE ネットワーク参加媒体】

●Business Lineについて

日刊工業新聞社ロゴマーク

「Business Line」は株式会社日刊工業新聞社が運営する国内有数の産業ニュースサイトです。産業紙のパイオニアとしてビジネスに直結する記事から「モノづくり」「中堅・中小企業」「技術」にフォーカスした専門性の高い記事を発信。各界のリーダーから現場実務者まで月間約130万ユーザーの固定読者を有し、B to Bビジネスサイトとして展開しています。URL http://www.nikkan.co.jp/  

●アサヒ・コムについて

アサヒ・コムロゴマーク

「アサヒ・コム」は株式会社朝日新聞社が運営する月間約1,000万ユーザーが訪れる国内屈指の総合情報サイトです。国内外の速報記事に加え、全国取材網を活かした地域ニュースもきめ細かく掲載しています。エンタメ・生活情報系の記事・コラムや映像も充実。アサヒ・コム編集部では「YouTube」を活用して動画取材も積極的に行っています。URL http://www.asahi.com/  

●AFPBB Newsについて

AFPBB Newsロゴマーク

「AFPBB News」は世界三大通信社で最も長い歴史を持つフランスのAFP通信社と株式会社クリエイティヴ・リンクが共同展開している国際ニュースサイトです。月間約500万ユーザーに向けて世界各地から集まる多様なニュースをいち早く翻訳し、豊富な画像とともに発信。グローバルな視点を持つビジネスユーザーを中心に支持されています。URL http://www.afpbb.com/  

【新規会員登録キャンペーン、抽選で2名様に電子書籍リーダーをプレゼント】

新しくRe:SOURCEの読者会員(リメンバー会員)になっていただいた方を対象に「電子書籍リーダープレゼントキャンペーン」を実施します。ご応募いただいた方の中から抽選で2名様に電子書籍リーダーをプレゼント致します。キャンペーン期間、応募方法などの詳細はこちら→http://www.re-source.jp/campaign/  

朝日インタラクティブ株式会社は、IT情報サイトの老舗CNET Japan、ZDNet Japan、国際ニュースブランドCNNの日本語サイトcnn.co.jp、鉄道情報のTetsudo.comなど、幅広い分野のWEBサイトを展開する朝日新聞社グループの情報サービス企業です。

<報道関係のお問合せ>
朝日インタラクティブ株式会社 広報担当:三浦由子
E-mail: TEL:03-3238-0702
コーポレートサイトURL:http://aiasahi.jp/
<Re:SOURCE(リソース)サービスに関するお問合せ>
朝日インタラクティブ株式会社 事業開発プロデューサー:宮本 利明
E-mail: TEL:03-3238-0709
サービスのご案内URL:http://www.re-source.jp/about/about.htm
page top