プレスリリース/お知らせ/ご案内

第3 回「CNET Japan CMO Award」決定~伊藤園、 日本航空、パルコの3 者に

2015年10月28日
朝日インタラクティブ株式会社

第3 回「CNET Japan CMO Award」決定~伊藤園、日本航空、パルコの3者に
~11 月10 日開催「CNET Japan Conference」で表彰式&パネルディスカッション~

朝日インタラクティブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相楽剛)は10 月28 日、IT ビジネス のオンラインメディア「CNET Japan」が主催する第3 回「CNET Japan CMO Award」の受賞者を以下の通り決定いたしました。表彰式は、11 月10 日に開催する『CNET Japan Conference 2015~ビジネスの未来を決める「カスタマーエクスペリエンスセミナー&CMO Award 表彰式」』において行われ、受賞者はパネルディスカッションに登壇します。

株式会社伊藤園 マーケティング1 部
大楽 泰督 氏

日本航空株式会社 商品・サービス企画本部 業務部長
黒田 浩 氏

株式会社パルコ WEB/マーケティング部 部長
林 直孝 氏

「CNET Japan CMO Award」とは

現在の日本において、マーケティングに関する全社的な統括責任者であるCMO(Chief Marketing Officer)の役職者を置いている企業は少ないと思います。しかし、どのような肩書きや立場であれ、戦略的にマーケティングを考え、実行し、そして企業の成長に貢献している人物、つまりCMO 的な役回りを務めている人物は必ずいます。

CNET Japan では、マーケティング戦略を経営に活かして実績をあげている企業に注目し、その中心となった人物を編集部で「CNET Japan CMO Award」として選出、表彰することで、日本におけるマーケティングやCMO の定義付け、重要性を訴求していきます。

今回の受賞者および受賞のポイントは、次の通りです。

受賞者受賞のポイント

株式会社伊藤園
マーケティング1 部 大楽 泰督 氏

「お客様1 人1 人に感動を届ける」をモットーに「とっておきのメッセージを贈るおーい○○さんキャンペーン」(ソーシャルメディア活用)や、「Ingress キャンペーン」(最新トレンドの活用)などの施策を通じ、単純に商品を訴求するだけにとどまらず、モットー通り顧客に感動をとどけ、ひいてはブランドのファンになってもらうという、もっとも難しい目標に挑み評価されている。

日本航空株式会社
商品・サービス企画本部 業務部長 黒田 浩 氏

全社員が企業理念の根幹である「JAL フィロソフィ」を共有したうえで、具体的な中期計画として「お客さまが常に新鮮な感動を得られるような最高のサービスを提供し、2016 年度までに顧客満足No.1」を経営目標に掲げ、One to One やトリプルメディアのコミュニケーションを始め、さまざまな顧客接点ごとに各部署一気通貫で施策を打ち、効果を検証している。その結果、2014 年度国際線では「経営指標 ・他者推奨意向は1 位(昨年2 位)」「再利用意向は1 位(昨年1 位)」という成果にもつながっている。

株式会社パルコ
WEB/マーケティング部 部長 林 直孝 氏

オンラインモール事業を終了させ、店舗とオンラインなどをシームレスに連携させることでテナントショップや顧客にとって価値のある先見的、独創的なサービスを創造する「24 時間パルコ」へ進化させ、デジタルも駆使した顧客コミュニケーション、顧客購買体験の向上に努めた。また、「カエルパルコ」の取り組みでも店舗数、販売点数、売上高が着実に伸びているなど、成果が発揮されている。

朝日インタラクティブでは、CNET Japan をはじめとした自社媒体を活用した、今回のような取り組みを通じ、最先端の情報を配信するとともに、日本の産業の発展の一端を担うことができればと考えております。

CNET Japan Conference 2015
「ビジネスの未来を決める「カスタマーエクスペリエンスセミナー&CMO Award 表彰式」

開催日時:2015 年11 月10 日(火) 13:00 開演
場所:ベルサール神田
参加費:無料(事前登録制)
概要:「カスタマーエクスペリエンス」は新しい言葉ではないし、使い古された感すらある。しかし、「最適にカスタマーエクスペリエンスを実践し成長を続けている」と自信を持って答えられる企業はどれだけあるだろうか。顧客や見込み顧客のインサイトを的確にとらえ、その顧客に対して自社の商品やサービスを選択、購入、利用してもらう一連のプロセスで顧客に満足してもらい、その体験を通じて再び商品やサービスを購入、利用してもらう、ひいてはファンになってもらうことは、企業にとって永遠に取り組むべきことと言っても過言ではない。

ましてマスメディア、ウェブ、アプリ、ソーシャルメディア、店舗など、顧客との接点はオンライン、オフライン問わずどんどん増え、複雑になっているため、それぞれの接点で顧客を知り、その体験を向上させるのは並大抵ではない。ビジネス成長の原動力とも言えるカスタマーエクスペリエンスの向上をいかにするべきか、CNETJapan CMO Award の受賞者らと議論する。

第1 回(2013 年)「CNET Japan CMO Award」受賞

受賞企業受賞のポイント
ゲッティイメージズジャパン株式会社 「日本における認知度向上」
共同通信社との提携により、国内の新聞利用とそのニュースを掲載するウェブ媒体すべての提供写真に“ゲッティイメージ”のロゴが掲載されるようになり、ブランドの訴求につながり日本での展開が拡大。
コニカミノルタ株式会社 「ブランディング向上」 「海外におけるCSR 貢献」
次世代育成に関する社会貢献の推進としてプラネタリウム“天空”での天文授業等のプログラムによる「理科の授業」、CSV を目的としたインクルーシブビジネスの実践。
リンナイ株式会社 「自社ウェブを活用したカスタマーエクスペリエンスの実現」
分析クラウドを初期段階から採用し、顧客分析に有効活用しており、熱機器という特殊な業界でありながら、「R.Style」 という直販EC サイトで興味深いマーケティング戦略を実践し、成果を達成。

第2 回(2014 年)「CNET Japan CMO Award」受賞

受賞企業受賞のポイント
株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ 派手ではないが、日本各地でのセミナーイベントスポンサーを積極的に行う草の根的な施策や、「クリエイティブ顧問ズ」 といった巻き込み型の仕組み、事業の中心となるサービスの方向性に沿った各種周辺サービスの企画など、「テレビCM」「宣伝」ではない、「マーケティング」をしっかりとプランして地道に実行している点を評価した。
株式会社ディー・エヌ・エー ゲーム事業を核として、スマートフォンアプリを活用した新規サービス、果ては遺伝子検査サービスなど新たな事業を次々と進めている中で、どの事業もまずはユーザーを理解するところを徹底してから、そのユーザーに効くマーケティング施策を実践していることを評価。「テレビCM」をはじめ、ソーシャルメディアを含む「デジタルマーケティング」、オンラインや雑誌などの「メディアを使ったPR」の3 本柱をうまく連動させ、成功事例は横展開し、それを実行する組織の横連携もうまく機能している。
ライオン株式会社 DMP を中心に据え、オウンド、アーンド、ペイドメディアをトータルで運用できるような基盤の構築を実現したことを評価。また、この取り組みが実現できたのは早くからデジタル活用を行っていた結果と想像でき、長期的な視野に立ってプロジェクトを推進していることが伺えたため。

CNET Japanについて

テクノロジーやオンラインビジネスに携わる人にとって、次のビジネスのヒントやアイデアとなるような情報やニュースを毎日オンラインで提供しています。CBS Interactive, Inc.が有する世界的なネットワークを活用した海外の最新動向や国内の独自記事、識者のオピニオンなどを提供することで、「IT を活用して世界や社会に変革をもたらしたい!」という人たちを応援しています。

朝日インタラクティブ株式会社について

朝日インタラクティブ株式会社は、朝日新聞社の100 パーセント出資子会社です。朝日新聞や朝日新聞グループ内の媒体と連携を強めるとともに、CNET Japan、ZDNet Japan などのサイト運営を通じて、変わり行くインターネット世界の情報を発信しています。

なお、当社はCBS Interactive, Inc.からライセンスを受けて、CNET Japan、ZDNet Japan の各サイトを運営して います。これらのサイトの翻訳された記事の原文、グラフィック、ロゴ、商標権、著作権はCBS Interactive, Inc.に帰属します。

<報道関係のお問合せ>
朝日インタラクティブ株式会社
E-mail:publicr_inq@aiasahi.jp
page top