プレスリリース/お知らせ/ご案内

第5回「CNET Japan CMO Award」決定—横浜銀行とワコールの2者に   ~11月29日開催「CNET Japan Conference 2017」で表彰式&パネルディスカッション~

2017年11月29日
朝日インタラクティブ株式会社

第5回「CNET Japan CMO Award」決定—横浜銀行とワコールの2者に
~11月29日開催「CNET Japan Conference 2017」で表彰式&パネルディスカッション~

 朝日インタラクティブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相楽剛)は11月29日、ITビジネスのオンラインメディア「CNET Japan」が主催する第5回「CNET Japan CMO Award」の受賞者を以下の通り決定いたしました。表彰式は、11月29日に開催する『CNET Japan CMO Award & CNET Japan Conference 2017「AI時代に再考するデータドリブンマーケティング」』において行われ、受賞者はパネルディスカッションに登壇します。

株式会社横浜銀行 総合企画部 担当部長
加藤 毅氏
株式会社ワコール 執行役員総合企画室 広報・宣伝部 部長
猪熊敏博氏

「CNET Japan CMO Award」とは

 現在の日本において、マーケティングに関する全社的な統括責任者であるCMO(Chief Marketing Officer)の役職者を置いている企業は少ないと思います。しかし、どのような肩書きや立場であれ、戦略的にマーケティングを考え、実行し、そして企業の成長に貢献している人物、つまりCMO的な役回りを務めている人物は必ずいます。

 CNET Japanでは、マーケティング戦略を経営に活かして実績をあげている企業に注目し、その中心となった人物を編集部で「CNET Japan CMO Award」として選出、表彰することで、日本におけるマーケティングやCMOの定義付け、重要性を訴求していきます。

 今回の受賞者および受賞のポイントは、次の通りです。

受賞者 受賞のポイント

横浜銀行

株式会社横浜銀行
総合企画部 担当部長
加藤 毅氏
金融商品の複雑化や消費者ニーズの多様化、そしてデータとテクノロジを活用した顧客体験を創出するフィンテック時代。横浜銀行にとっての本格的なマーケティングは、2007年に地方銀行6行と共同で「地域金融マーケティング研究会」という団体を設立した時点に遡り、ゼロから研究を始めた。顧客に必要とされるタイミングで適切にアプローチできる仕組み、必要となったときの第一想起で横浜銀行が選ばれるための仕組みづくりを進めるために、日々の「ブランド推進」と徹底した「顧客データの分析、活用」の2つのアプローチでマーケティングを推進。その結果、データ分析に基づいたモデリングやセグメンテーションが可能になり、実際に顧客のニーズに的確に応えられるようになってきた点を評価。AIも活用し「知見」として蓄積するデータベースも構築。さらに、ブロックチェーンなど最新テクノロジの活用も積極的だ。

ワコール

株式会社ワコール
執行役員総合企画室 広報・宣伝部 部長
猪熊 敏博氏
日常生活に不可欠なインナーウェアを中心にビジネスを展開してきたワコールは、コーポレートブランドを中心にしたコミュニケーションから、個別の商品ブランドを中心にしたコミュニケーションへの転換を果たし、多様化する個別の消費者セグメントに最適なブランドを届けるというブランディングが求められるようになった。ただし、メーカー、卸売りという業態ゆえに、消費者との接点=商品ブランドの体験場は小売店などの「売り場」が主で、それぞれのブランドに個性を持たせても売り場の個性がブランドイメージに大きな影響を与え、ブランドそのものの個性を希薄化させてしまう可能性のあることが課題だ。そこで、プロダクトマーケティングを進めるために売り場での消費者の声のほかに、創業以来蓄積されたさまざまな個別データの分析とともに、これらのデータを統合し、総合的に分析していくことにした。プロダクトアウトとマーケットインを同時に行うため、データベースを構築するために顧客調査などをしながら、未来のトレンドを予測するといったマーケティングを目指していることを評価。

 朝日インタラクティブでは、CNET Japanをはじめとした自社媒体を活用した、今回のような取り組みを通じ、最先端の情報を配信するとともに、日本の産業の発展の一端を担うことができればと考えております。

CNET Japan CMO Award & CNET Japan Conference 2017
「AI時代に再考するデータドリブンマーケティング&CMO Award表彰式」

開催日時:2017年11月29日(水) 12:30開場 13:00開演
場所:ベルサール神保町アネックス
参加費:無料(事前登録制)

 概要:第5回となるCMO Award&マーケティングセミナー、今回のタイトルは「AI時代に再考するデータドリブンマーケティング」です。さまざまで膨大なデータを分析、活用してPDCAサイクルを回しつつマーケティング活動の課題解決や成果の向上につなげる「データドリブンマーケティング」の重要性が示されてからだいぶ時間が経ちました。 そして、あらゆるものにコンピュータと通信機能が搭載され、いままで以上のビッグデータが得られるIoT時代に突入した今、 “データ”をどのようにマーケティング活動につなげ、ビジネスを成長できるかどうかを改めて見つめ直す時期ではないでしょうか。

 また、これを円滑に推し進めるためにはAIの活用もできるようになりつつあります。IoT時代にAIを活用しつつ、データドリブンマーケティングを推し進め、収益につなげるためにはどのようにするべきかを議論します。

 カンファレンスでは、CMO Award受賞者によるパネルディスカッションのほか、以下の講演などを実施します。

  • 世の中を動かす広告アイデア発想で、新サービス開発を考える
    株式会社電通デジタル 谷澤正文氏
    アカウントイノベーション部門 統合プランニング事業部 部長
  • ロボアドバイザー”THEO”の顧客の声を活かしたデータドリブンマーケティング
    株式会社マルケト 大里紀雄氏
    カスタマーサクセス部 ビジネスコンサルタント
  • 株式会社お金のデザイン 森山裕之氏
    カスタマーエクスペリエンスデザイナー
  • それは本当に顧客のためのデータドリブン?
    ~データを分析すること、AIだけを使うことが本当の顧客体験を提供できるのか?~
    アドビ システムズ株式会社 安西敬介氏
    グローバル サービス統括本部 プロダクト エバンジェリスト 兼 シニアコンサルタント
  • カルビー史上最多のメディア露出を産み出し、生活者に大きな話題を呼んだコミュニケーションマーケティング
    カルビー株式会社 野原 和歌氏
    コーポレートコミュニケーション室 広報部広報課課長
  • 株式会社 PR TIMES 大久保 麻子氏
    コミュニケーションプランニング本部 マネージャー

CNET Japanについて

 テクノロジやオンラインビジネスに携わる人にとって、次のビジネスのヒントやアイデアとなるような情報やニュースを毎日オンラインで提供しています。CBS Interactive, Inc.が有する世界的なネットワークを活用した海外の最新動向や国内の独自記事、識者のオピニオンなどを提供することで、「ITを活用して世界や社会に変革をもたらしたい!」という人たちを応援しています。

朝日インタラクティブ株式会社について

 朝日インタラクティブ株式会社は、朝日新聞社の100パーセント出資子会社です。朝日新聞や朝日新聞グループ内の媒体と連携を強めるとともに、CNET Japan、ZDNet Japanなどのサイト運営を通じて、変わり行くインターネット世界の情報を発信しています。
なお、当社はCBS Interactive, Inc.からライセンスを受けて、CNET Japan、ZDNet Japanの各サイトを運営しています。これらのサイトの翻訳された記事の原文、グラフィック、ロゴ、商標権、著作権はCBS Interactive, Inc.に帰属します。

<報道関係のお問合せ>
朝日インタラクティブ株式会社
E-mail:publicr_inq@aiasahi.jp
page top